取引する会社で違う。FXの税金の申告

FXで利益が出ていた場合、もしくは損失があった場合は確定申告が必要になることがあります。

大きく分けて日本国内の業者で取引をしているか、海外の会社を使っているかによって申告の方法が変わります。国内のFX業者を利用している場合は申告分離課税となります。

申告分離課税は税率が一律で20%と固定されていますので、大きく稼いでいる人ほど有利な税制となっています。


申告分離課税のメリットは損益通算ができるという点にもあります。


もし損失を出してしまった場合、損失額を申告しておくことによって、翌年3年間に出た利益と相殺することが可能です。

livedoorニュースに関する情報をまとめました。

海外の業者で取引をしていた場合は雑所得扱いとなります。雑所得は20万円まで申告不要ですので、利益が20万円以下であった場合は確定申告をする必要はありません。



損益通算という仕組みもないため、損益はその年で全て確定します。

雑所得は通常の申告となりますので、給与など他の収入と合算して収入が大きければ高い税率となります。

雑収入同士で損益を合算することはできますので、FXで黒字でもバイナリーオプションや商品取引など他の金融商品で損失があった場合は、合算してしまっても問題ありません。ただし日本国内の業者での損益と、海外の業者での損益は合算することはできません。



それぞれ税制が違うもの同士のため、別のものとして計算しなくてはならないのです。
いずれの場合でも利益が大きければ翌年の住民税や保険が高くなりますので、支払いができるように用意しておく必要があります。