FXにおける証拠金について

FXの口座を開設して実際にトレードをしようとするときには、証拠金とよばれる一定金額のお金を、その口座に入金しておく必要があります。この証拠金というのは、トレードをするにあたっての担保のようなもので、通貨の種類によっても違いますし、またその時々の通貨の交換レートによっても違ってきます。
たとえば米ドルを1万通貨だけ、日本円で買うというトレードをするのであれば、だいたい5万円程度の証拠金を積む必要が生じてきます。



これは要するに、通貨の価格に対して一定のパーセントを掛け算した金額と考えればよく、この証拠金があることによって、証拠金の金額以上の通貨をトレードすることができるようになるのです。

ビジネスジャーナルに興味ある方、必見です。

そのため、FXでは当初は自己資金が少ない金額であったとしても、大きな利益を得るチャンスがあるというわけです。
この証拠金の金額に対して、実際にトレードできる外貨の価格がどれだけ上回っているかを表すのがレバレッジですが、レバレッジが何倍にもなれば、当然のこととして、レバレッジが1倍であったときの何倍もの利益が得られるということになります。その反面、トレードに失敗してしまったときの損失も、やはり何倍にも増えてしまいますので、FXにおけるトレードのリスクもあわせて考えることがたいせつであるといえます。FXで最終的に利益を積み増すためには、1回のトレードにおける利益の金額そのものよりも、証拠金の維持率に注意しながら、トレードの失敗を最小限におさえることにあるのです。