FXに向く人と向かない人

あなたがFX投資に向く人か向かない人か検証してみましょう。

まず、FXについてお話ししますが、FXは外国為替証拠金取引と言い、外国通貨を日本円で購入し、その差益で損得が出る金融投資で、差益のほかに外国通貨と日本円の金利差が発生すれば、外国通貨金利から日本通貨金利を差し引いた金利差が出た場合、その金利差分が利益として受け取れます。

この金利差益が発生することをスワップポイントと言い、長期的に投資し、スワップポイントを目的とした投資家も多いです。
金利差がキャピタルゲインとなり、スワップポンとがインカムゲインとなり2つの利益を目的とした投資運用となります。

FX投資は投資元本を割り込む恐れがあるリスク型金融商品です。

レバレッジにより少ない手持ちで大きな資金を動かすことも可能ですがハイリスクハイリターンとなります。

FXは預貯金ではなく投資であるため、必ずしも利益が出るとは限りません。


そのため、せっかちな人は向きません。

購入後に下がったらイライラしたり、上がったことで調子に乗るなど価格変動にあまりに敏感な人はこの投資には向きません。

また、最初に十分な仕組みを理解していない人も損失を招くでしょう。

FX情報を簡単に調べられます。

人の意見に左右され、得た情報を鵜呑みにすることも投資判断を間違うでしょう。

livedoorニュースにまつわる情報をまとめています。

一方、向く人の場合、余裕のある資金で予算を決めて取り組める人、常に冷静に判断しファンダメンタルズニ目を向け分析できる人、外国通貨保有を資産と考えられる人です。